検便でがんやうつを発見、カギは腸内フローラ

便から分かる腸内細菌の研究が進む
●従来の解析手法と次世代シーケンサーによる解析の主な違い

閉じる