人件費の上昇が著しい中国で、飲食店向きの配膳ロボットが既に活躍している。完璧さを求める日本企業と異なり、機能やデザインも割り切って導入している。日本の電通大の技術を取り入れ、自己位置の特定技術も実装した新世代ロボットも登場した。
周囲の障害物をセンサーで検知
●中国で活躍するレストラン向け配膳ロボット
(写真=パンゴリンロボット提供)
SLAMとは
部屋の形などの地図情報が事前になくとも、カメラやLIDAR(レーザーレーダー)などの情報からロボットが自動的に周辺環境の地図を作り上げ(写真下)、同時に自己の位置も特定できる技術。「simultaneouslocalization and mapping」の頭文字を取ってSLAMと呼ぶ。自律移動型のロボットの場合、未知の環境や障害物に出くわす可能性が高いため、要となる技術と言える。

 「サービスロボットは日本よりも中国の方が先行して普及」──。そんなシナリオが現実になるかもしれない。

 レストランで配膳作業などを行うロボットを累計1000台以上も出荷している中国企業があることをご存じだろうか。中国全土200以上の都市の飲食店に配膳ロボットを提供するパンゴリンロボット(昆山穿山甲机器人、本社は江蘇省崑山市)だ。年間2万台ものロボット生産能力を持つ。

 同社CEO(最高経営責任者)の宋育剛氏は「当社は中国のレストラン向けロボットメーカーで最大手。市場シェアは70%だ」と胸を張る。

 パンゴリンは2004年に設立した。創業直後は一時的に産業用ロボットも手掛けていたが、その後、すぐにサービスロボットに特化し、成長してきた。レストラン向け以外にも、銀行や小売店での受付業務などに向けたサービスロボット、ホテルなどに向けた搬送ロボット、家庭向けロボットなど幅広く手掛ける。

 同社のレストラン向けロボットの特徴は、複雑な機能を廃し、必要最小限の機能に絞り込んでいる点だ。外観こそ人型のような姿だが、料理を載せる配膳台を持つアームは可動式ではなく固定。この配膳台からの料理の上げ下げは、ロボット自身ではなくレストランの従業員や来店客などが手動で行う。

 ロボットはレストラン内で事前に決められた経路を巡回し、来店客の席のそばまで料理を搬送する役割をする。レストラン内でより親しみやすくするため、搬送ロボットに人型の顔や手が付いたようなイメージである。

 同社CTO(最高技術責任者)の丁強松氏は「日本企業はロボットにも完璧さを求めがちだが、我々はサービスロボットを実際に現場に投入し、役立てることを優先する。当社のロボットは中国各地のレストランで既に2年以上運用しているが、移動速度もあえて遅めに設定してあることもあり、事故は1件も発生していない」と語る。