暗号化など必要な技術は他にも

 ブロックチェーンについては、世の中で少なからず勘違いされることがあります。それは、「仮想通貨=ブロックチェーン」という大きな誤解です。仮想通貨の基盤技術としてブロックチェーンが利用されていることは間違いありませんが、それだけで仮想通貨の価値はありませんし、今日のように広く世界に普及することはなかったでしょう。

 ブロックチェーンをビジネスで活用するには、このことに対する理解が必須といえます。実際に、ビットコインやイーサリアム、今年話題になったNEMもブロックチェーン技術を使って記録を残しているというだけで、ブロックチェーンの技術だけで成り立っているわけではありません。その他にも各仮想通貨には、それぞれの取引するための専用クライアントソフトが無料で提供されていて、暗号化に必要な鍵を管理するウォレットという仕組みや、暗号化を行う処理を手伝った人に報酬を支払うPoW(Proof of Work)などの仕組みがあります。

 ただ、これらの仕組みを備えていても、個人間で仮想通貨の取引をするのは、あたかも未公開株を個人間でやりとりするようなもので広く普及できるものではありません。そこで登場するのが、取引所というシステムです。これによって、個人が気軽に仮想通貨が売買できるようになりました。取引所では、同じ値段で購入と売却したい人同士をマッチングすることで初めて多くの取引が成立します。今日では、世界中で仮想通貨が取引されるようになっています。

 ブロックチェーンは、多くの組織や個人が、国や所属に関係なく参加することで大きな価値を提供します。実際、ビットコインというネットワークにも、様々な国の取引所、PoWを専門に行う企業などが参加しています。そして、ご存じの通り、話題になったコインチェックのような取引所が数百億という利益を得ていたことが明らかになりました。ブロックチェーンで価値を生むには、仮想通貨の事例のように、多くの参加者が集まる仕掛けが欠かせません。

企業はブロックチェーンとどう向き合うべきか

 今後、仮想通貨以外にも、ブロックチェーンによって新しい秩序というものが次々と生まれるでしょう。電気、穀物、不動産などは、数年先には全て仮想ネットワーク上でリアルタイムに個人や企業が直接、数秒単位で取引している状態になっても、私は驚きません。

 そして、企業はその変化の中で、仮想通貨の取引所のように新しいビジネスチャンスがどこにあるのかを探さなければいけません。正確に言えば、探すのではなく、創造するのです。

 創造には、知識が必要です。よって、まずは経営者や経営幹部がブロックチェーンというものの本質を理解し、強力な推進力で実際に様々なトライアルを重ねることで新たなビジネスを創造していくという姿勢が重要です。

 ブロックチェーンの基盤システム開発は、イーサリアムなど世界中にいくらでもソースコードが無料で配られていますし、コードを書けばいいだけです。それよりも企業が優先すべきなのは、ブロックチェーンを活かしたビジネスモデルの創造と、取引所のような広く参加者を集めるための周辺システムの構築なのです。これを理解できない企業は、間違いなくブロックチェーンで無駄な投資をすることになるでしょう。

 なお、本稿の冒頭で、第4次産業革命時代に世界を変える技術としてIoT、AI、ブロックチェーンを挙げました。これら3つに近々、「量子コンピュータ」が加わってきます。次々に登場してくる新しいテクノロジーに対し、ビジネスパーソンは常に目を光らせていなければなりません。

この記事は、日経BizGateに掲載したものの転載です(本稿の初出:2018年5月24日)。

2030年、あなたの会社は存在していますか?
競争環境ががらりと変わる、多分野を巻き込んだ大きな変革が起ころうとしています。変革の潮流に乗ってチャンスをつかむキーワードが、ブロックチェーンです。日経ビジネススクール「テクノロジーインパクト2030 ブロックチェーン編」は、ブロックチェーンの可能性を理解できるだけでなく、今後のビジネスに結びつける手法を学ぶ、次世代リーダー層向け研修プログラムです。