新聞や経済誌、インターネットニュースで「ブロックチェーン」という言葉を目にする機会はかなり増えた。ブロックチェーンの大きな特徴は、「データ改ざんの困難さ」である。この特徴を利用し、仮想通貨や不動産、IoT(モノのインターネット)など多様な用途で信頼性の高い取引や契約ができるようになる。昨今、世間をにぎわせている文書データ改ざん問題も、ブロックチェーンを用いると回避可能とされる。様々な分野で使えるブロックチェーンだが、こうした特徴をブロックチェーンが備える理由を理解することは、情報技術の専門家以外にとって難解な部分があり、誤解が生じるケースもある。IoTコンサルタントの伊本貴士氏(メディアスケッチ 代表取締役 兼 サイバー大学客員講師)に、ブロックチェーンが普及したときのビジネスシーンやブロックチェーンの仕組みなどを易しくひも解いてもらった。

(大久保 聡=日経BP総研)

謎の人物「サトシ・ナカモト」の論文が始まり

伊本 貴士(いもと たかし)
メディアスケッチ 代表取締役 兼 コーデセブン CTO、IoT検定制度委員会メンバー、サイバー大学客員講師。2000年にNECソフト入社、Linuxのシステム構築を主な業務として行う。フューチャーアーキテクト、クロンラボの情報戦略マネジャーを経て、メディアスケッチを設立。IoTを中心に企業への技術支援、教育支援のコンサルティングを行う。研究分野では人工知能、無線セキュリティー、ロボット制御を中心に研究を行う。IoTや人工知能などの最先端技術分野における講演多数。

 私は様々なところで講演をするたびに言っていることがあります。それは、第4次産業革命時代において世界を変える技術が「IoT(モノのインターネット)」「人工知能(AI)」「ブロックチェーン」ということです。これらの中で、ブロックチェーンは比較的最近になって注目度が高まってきた技術と言えます。

 ブロックチェーンの始まりは、2008年にサトシ・ナカモトという謎の人物が書いたビットコインという仮想通貨に関する論文です。仮想通貨の仕組みを理解するのは情報技術の専門家以外にとって難解な部分がありますが、ご存じの通り、ビットコインをはじめとする仮想通貨は世界中から大きな注目を集め、流行となっています。もはや専門家でなくても、ブロックチェーンは身近な技術になりつつあります。

 私を含め多くの有識者は、このブロックチェーンには非常に大きな可能性があるとみています。適用範囲は仮想通貨にとどまらず、それどころか産業や社会に与える影響度が仮想通貨さえもはるかに凌ぐ用途を生み出す可能性を秘めていると考えています。

 もしかすると、インターネット以来の大発明になるかもしれません。「いくらなんでもそれは言い過ぎでは?」と思う読者の方々もいらっしゃるかもしれませんが、ブロックチェーンはインターネットのように、社会の価値観そのものを変える可能性があります。