自社の情報システムの使い方をルールとしてまとめ、ネット経由で他社にも使いやすくする。そのルールがWeb APIであり、次々と新しいサービスが勃興するネット業界の原動力となった。公開と活用の好循環によって生み出される経済圏が、ネット業界以外にも広がり始めた。

他社の設備・技術をフル活用できる
●寺田倉庫「minikura API」の仕組み
(写真=左上:エアークローゼット、左下:バンダイ、背景:寺田倉庫)

 「いろんな服を楽しめるなんてすてき」「自分ではまず選ばないスタイルにもチャレンジできるのが新しい」──。洋服のレンタルサービス「airCloset」が女性の人気を集めている。会費は月6800円(税別)からと安くはないが、2015年2月のサービス開始から1年半で、会員数は8万5000人を突破した。

 会員が洋服の好みなどを入力すると、プロのスタイリストが選んだ服が3着送られてくる。服を楽しんだら返送するだけ。新しい服が3着、また自宅に届く。クリーニング代や送料も会費に含まれる。

 このサービスを運営するベンチャー企業、エアークローゼット(東京都港区)は自社で倉庫も物流機能も持たない。その代わり、老舗の倉庫会社である寺田倉庫(同品川区)の設備をフルに活用している。

 両社を結び付けている秘密は、Web API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)にある。

 寺田倉庫は2012年に段ボール1個から保管するサービス「minikura」を始めた。2013年11月には、倉庫・物流機能を外部企業がネット経由で活用できるようにWeb APIを公開。その結果、出庫・配送や着荷・入庫といった基本的な保管・物流の仕組みから、商品撮影やクリーニングなど、様々な指示を外部事業者が直接出せるようになった。今や「minikura API」の数はおよそ200種類に増えた。

 エアークローゼットはWeb APIを業務プロセスに組み込み、自社サービスとして仕立て上げた。寺田倉庫の倉庫を借りながら、預けてある洋服の写真撮影を依頼したり、会員にクリーニング済みの商品を届けたりできる。しかも、自社の社員が倉庫に赴く必要は一切ない。