細胞の組織を破壊しない「冷凍革新」

通常の冷凍の場合、冷凍する対象の内部にある水分が固まることによってできる氷の結晶が時間とともに成長し、細胞組織の破壊や品質の劣化が発生。 「不凍たんぱく質」や「不凍多糖」などの不凍物質を加えることにより、氷結晶の成長を抑えることで品質を維持できる。

閉じる