飲んでおいしい。日本の文化や歴史に思いを馳せれば、さらに味わいが増す――。そんな楽しみ方ができるのが、日本酒と日本茶だ。

 今、和食ブームの後押しもあって、世界からも日本酒や日本茶は注目を集めている。その流れの最先端に立つ2人の女性経営者がいる。

 1人は、海外に日本酒を直接輸出している尾畑酒造(新潟県佐渡市)の五代目蔵元である尾畑留美子専務。日本酒「真野鶴」は、「全国新酒鑑評会」金賞、「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」のSAKE部門ゴールドメダルをはじめ、数々の栄誉に輝いている。2014年には廃校となった“日本一夕日がきれいな小学校”を、酒造りや学びの場として再生。佐渡島から地方創生の活動を発信している。

 もう1人は、2014年2月にワインボトル(750mL)に詰めて30万円という高級緑茶「King of Green MASA Super premium」シリーズ第2弾が完売して注目を集めた、ロイヤルブルーティージャパン(神奈川県茅ヶ崎市)の吉本桂子社長。同社の日本茶は、手摘み茶葉を3~7日かけて水だけで抽出し、加熱殺菌せずに充填している。天皇皇后両陛下ご臨席の第61回全国植樹祭レセプションで振る舞われたほか、APEC(アジア太平洋協力会議)横浜やアウン・サン・スー・チー氏の晩餐会など国際舞台でも採用されている。

吉本桂子・ロイヤルブルーティージャパン社長(左)と尾畑留美子・尾畑酒造専務(右)。手前の製品は、左からロイヤルブルーティージャパンの日本茶「King of Green RIICHI premium」「京都宇治碾茶 The Uji」「King of Green MASA super premium」「The Japanese Green Tea IRIKA 炒香」「香焙」、尾畑酒造の日本酒「大吟醸 真野鶴・万穂」「真野鶴・純米吟醸 朱鷺と暮らす」「『学校蔵』2015仕込み2号(火入れ)」(写真=花井智子、以下同)

 どのように海外マーケットを開拓していくか、世界に通用する商品をどう作っていくか、そして、企業として成長と継続をどう実現していくか。

 老舗の跡継ぎとして日本酒の普及に務める尾畑専務と、起業家として日本茶の市場拡大に取り組む吉本社長が、大いに語り合った。

(司会は、日経BP社 食ビジネスシニアリサーチャー 戸田 顕司)

まず、お二方はお知り合いということですが、出会ったきっかけは何だったのですか?

吉本:2008年9月に、ロイヤルブルーティージャパンが農商工連携で神奈川県第1号認定を受けました。その後、所管である経済産業省関東経済産業局が農商工連携や地域資源活用などの認定を受けた中小企業が集まるイベントを開催しました。そこで、尾畑さんに出会いました。

尾畑:尾畑酒造も2008年に中小企業地域資源活用事業者の認定を受けて参加していたんです。

吉本:そのイベントでは、各社1分間のプレゼンテーションをする場が設けられていました。各社のプレゼンが終わって交流会の会場に移動しようとしたときに、尾畑さんに声をかけてもらったのが始まりです。