リビングの「邪魔者」テレビが消える日

画素ピッチが50マイクロメートル(µm)以下のLEDを「マイクロLED」、50µ〜1500µmのLEDを「スモールピッチLED」や「ミニLED」と呼ぶ。これまでに発表された大型LEDディスプレーや、今後登場すると考えられるスマートウオッチ用やスマートフォン用のLEDディスプレーをプロットした。なお、ソニーの大型LEDディスプレー「CLEDIS」の画素ピッチは1260µmだが、LEDのチップサイズは53µm角でありマイクロLEDの領域である。テック・アンド・ビズの資料を基に日経エレクトロニクス作成

閉じる