リビングの「邪魔者」テレビが消える日

実装問題を克服する
●図5 ナノコラムを利用したモノリシック型マイクロLED

同一基板上に、同一の材料で、さまざまな発光波長のマイクロLEDを形成できる。図は、InGaN(窒化インジウムガリウム)系ナノコラムを利用した例(①、②)。ナノコラムの直径を変えるだけで、所望の色の発光が得られる(③)
(写真提供=上智大学理工学部の岸野克巳教授の研究室)
閉じる