浮かんで動く絵

 kino-moというハイテク技術を駆使して広告を製作する企業のブースで見た不思議な浮かぶ絵。浮かぶだけではなく、動いている。絵の背後にプロジェクターのような仕掛けがあり、なにやらプロペラが回っていた。

もう植物は殺さない、樹木の健康診断

 巨大なCESの会場の一番奥の人目につかないセクションにひっそりとブースを構えていたのはFruition SciencesのThibaut Scholasch氏。植物の幹に特殊なセンサーを巻きつけ、内部の水分や栄養の量を測定する技術を提供している。米ForbesやWIREDといった大手メディアにもその技術は注目され取り上げられている。日本の大手企業からも技術提供の依頼を受けているという。(左の写真は内部の様子)

 そして記者が密かに特別賞を差し上げたいのは、Focus Product Designの製品だ。

ライトが付いた消防士のマスク

 Focus Product Designというカリフォルニアの特殊なデザインの商品を作る企業がこの日出展していたのは額部分にライトの付いた消防士用のガスマスク。これまで消防隊は懐中電灯を握り締めて暗闇に突入したが、これなら両手が自由になる。今までなかったことが驚き。

レコーダー付きの聴診器

 こちらもFocus Product Designが提供する心拍音などレコードできる機能が付いた聴診器、これも今まで「なかったのか?」と驚愕。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。