ついた「いいね!」は見逃さない、数値表示パネル

 FlapitというスタートアップのFlapitという商品。フェイスブックの「いいね」や「シェア」などSNSの数値的な指標を表示するためだけに作られたパネル。見た目にお茶目だが、その必要性やいかに。

ベッドでタブレットが使える。それだけ?

 tabliftという企業のtabliftという商品。ベッドに立ててiPadなどタブレッドを覗き込めるスタンド。$59.59(日本円で7000円相当、1ドル117円で換算)高い…。

 最後に、これはぜひ、将来商品化してほしい! と記者が思った製品たちをご紹介しよう。

近未来のゲームセンターマシン

 KRUSHというケータイのアプリなどを手がけているオハイオ州の企業が将来的にゲームメーカーや企業、そして一般向けにも販売を考えている3Dゲーム機の試作品。3Dヘッドセットの付いたヘルメットをかぶりマシンに乗り込む(写真では操縦席は上下が逆さになっている)。残念ながらこの日、試乗などは行なっていなかった。

全身で遊泳する3Dゲーム

Icarosという企業のIcarosという3Dゲーム&エクササイズマシン。3Dヘッドセットを装着し、動く装置に全身を預けグリップを握る。3Dの世界の中に浮遊してゲームを楽しみながらエクササイズもできる。端から見ると…少し恥ずかしい。

次ページ 浮かんで動く絵