「これが未来のiPhoneです」

 米アップルが新型スマートフォン「iPhone7」を発表した翌日の9月8日。アップル本社会議室で、ジャパンディスプレイ(JDI)の幹部はとっておきの試作品を取り出し、ユーモア混じりにこう言ってみせた。

 手に持っていたのは、新開発の液晶パネルを使った全面ディスプレーのスマホ。2年後の2018年モデルへの採用を働きかけるため、JDI幹部の声に力がこもる。

 「有機ELでやろうとしていることは、液晶でもできるんです」

JDI、液晶注力を改めて強調

 中小型液晶パネル大手のJDIが、液晶パネルで反転攻勢を狙っている。11月9日に開催された2016年4〜9月期の決算会見では、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)より液晶事業に力を入れていく方針を改めて強調。本間充会長兼CEO(最高経営責任者)は「液晶をベースに事業ポートフォリオを作成していく」と述べた。

 アップルが2017年に発売するiPhoneに有機ELを採用することが決まり、今年に入ってからディスプレー業界の流れは一気に液晶から有機ELへとシフトした。韓国、中国、台湾のパネルメーカー各社がこぞって有機ELパネルの量産開発に動き出し、JDIも500億円を投じて有機ELの試作ラインを設置している。

 しかし、当初から小規模投資にとどまっており、「様子を見ながら進めていく」(本間会長)と慎重な姿勢を崩していない。9日の決算会見で本間会長は、「有機ELの開発を進める中で、液晶の優位性がむしろ浮き彫りになった。スマホ業界でも有機ELに対して少し危惧しているメーカーが増えている」と述べている。パネル業界が一斉に有機ELにシフトしようという流れの中で、何とか流れを引き戻そうとする意図が読み取れる。

 JDIが有機ELの開発に苦戦しているのは事実で、目標としていた2018年の量産開始も難しいとの見方が大勢だ。しかし、同社が液晶事業へと一気に舵を切ったのは、それだけが理由ではない。3つの要因が重なったためだ。

 一つ目は、足元の液晶受注の好調ぶり。今夏以降、中国の新興スマホメーカー「OPPO(オッポ)」や、大手・華為技術(ファーウェイ)からの引き合いが増加。あまりの受注の多さに「生産が追いつかないほど」(JDI関係者)と嬉しい悲鳴を上げている。これにより2016年10~12月期は100億円の営業黒字を見込んでいる。

世界最大のスマホ市場である中国で急速にシェアを上げている「OPPO」。上位機種にJDIの高精細液晶パネルを採用している(写真:Imaginechina/アフロ)