森の中にいるようなイメージの7号車
ファミリー客が利用しやすい1号車のイメージ
結婚式や展示会など、イベントスペースとして使える車両も導入する予定だ

専用ラウンジ、音楽で旅を盛り上げる

 THE ROYAL EXPRESSは、車体そのものを作り込むだけではない。横浜駅の構内には、乗車前までの時間を過ごせる専用ラウンジを作る予定。下田のロープウェイの山頂にある店舗施設も水戸岡氏が改修を担う。さらに列車をイメージしたテーマ曲まであり、車内の音楽演出も特徴の一つだ。演出は、バイオリニストの大迫淳英氏が手掛ける。大迫氏は、ななつ星in九州の車内演奏に携わっており、水戸岡氏とともに今回のプロジェクトを盛り上げるキーパーソンでもある。

「THE ROYAL EXPRESS」のテーマ曲を演奏する大迫淳英氏。JR九州の「ななつ星 in 九州」の運行以来、同車内で演奏している