三菱自動車の会長に日産自動車のカルロス・ゴーン社長が就任することが分かった。三菱自動車社内の経営人材は枯渇しており、風土改革やブランド再生をリードできる人材の選択肢はほかになかった。