「MUFGコイン」はオープンに

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨の存在感が高まっている。

三毛:我々自身も今、MUFGコインについて実証実験をしている。仮想通貨には現金、電子マネーとは異なる特性がある。電子マネーの場合、現在の資金移動業においては決済と絡むと送金額上限が100万円となるといった、一定の制約がつく。一方、現金には金融行動のデータを持たせることができない。これらが、仮想通貨であればクリアできる。

 また、現金は単位が1円までしかないが、仮想通貨は少数点以下の単位ができる。今後、社会がシェアリングあるいはリカーリング(循環型)エコノミーに向う中で、短時間のサービスの提供や課金などのニーズに仮想通貨で対応することが可能になってくる。

 (仮想通貨の基盤技術である)ブロックチェーンにはいくつかの類型があると思う。1つの分け方はパブリック型とプライベート型だ。ビットコインやイーサリアムはパブリック型ブロックチェーンによる仮想通貨といえる。

 パブリック型の難しさは大きく3つあると考えている。まず、信頼性の問題だ。ビットコインの分裂が示すように、どんどんデータ量が増えていくと拡張性についてのチャレンジが生じる。2つ目は、価値のボラティリティー(変動性)の問題。決済手段として使われるためには、価値の安定性というのが必要になってくるのではないか。3つ目は、悪用されるリスクだ。マネーロンダリングなどへの対処をどうしていくか。こういうところを乗り越えていかないと、やはり一定の限界があるのではないか。

 MUFGコインはプライベート型で、1コイン=1円ということでフィックスしている。マネーロンダリングについては、銀行が中心となって対処する。1円にフィックスしたときに仮想通貨というものが法的にどう整理されるのか。また、仮想通貨はエコシステムが自律的に大きくなっていく性質がある中で、価値の安定などが本当に担保できるのかといった課題がある。こうした点について実証実験を進めている。

 今はMUFGコインと名前をつけているが、クローズでやろうというつもりはなく、オープンで考えていきたい。今は社内実証実験をしている段階だが、実際に社会で使えるようにするときに、MUFGということにこだわりはない。オープンにして色々な参加者を募り、共通のプラットフォーム運営をできればと思っている。プラットフォームを独り占めして儲けるということでは必ずしもない。本当にこれを社会的なプラットフォームにするのであれば、もっとオープンに考えていく必要がある。

次ページ 貸す親切と貸さぬ親切、無理な貸し出しはしない