セルフ精算にも対応

皿の枚数をいちいち数えずに、小型の読み取り機をかざすことで把握できる仕組みを導入。別に注文したドリンクなどの情報と皿の数を一元管理できるシステムにした
皿の枚数をいちいち数えずに、小型の読み取り機をかざすことで把握できる仕組みを導入。別に注文したドリンクなどの情報と皿の数を一元管理できるシステムにした

 回転率を高める工夫としては、会計作業の効率化もある。

 回転ずしでは、スタッフが客の食べた皿を数えて、レジカウンターで精算する。スシローでは、皿をカウントする作業を省力化するため、携帯の読み取り機を導入。皿に埋め込んだICチップを読み取ることで、迅速な作業が可能になる。

注文情報がまとめられたバーコードの会計札をスタッフが客に渡す。この札を使えば、セルフレジを利用できる
注文情報がまとめられたバーコードの会計札をスタッフが客に渡す。この札を使えば、セルフレジを利用できる
お客自身が精算できるセルフレジを導入して、フロアースタッフの省力化や会計での待ち時間短縮を進める
お客自身が精算できるセルフレジを導入して、フロアースタッフの省力化や会計での待ち時間短縮を進める

 すしだけでなく、ドリンクなどタッチパネルで注文した商品は、すべて携帯端末に記録されており、こうした情報がまとめられたバーコードの会計札をスタッフが客に渡す。レジカウンターにはセルフレジも導入しており、自身でバーコードをかざしての自動会計もできる。これらは、混雑時の会計待ちを解消する取り組みでもある。

 同社によれば、こうした省力化により、客の滞在時間は5%程度短縮されるという。都心で徹底的に効率を追求するために導入した技術だが、郊外店での導入も十分可能だろう。

 価格については、テナント料や人件費など運営コストが高いことから、1皿120円と通常のスシローよりも高めに設定した。「効率を高めた上で利益を取れるぎりぎりの価格」と水留社長は説明する。

「横展開が可能な都心の成功モデルをつくる」

 都心型の1号店となる「南池袋店」は、JR池袋駅から徒歩5分ほどの立地にある。人通りはあるものの、駅前一等地ではない。だが、それは今後のチェーン展開を考えてのことだという。「南池袋店のような立地は都心には多くある。まずこの店で成功モデルを作って横展開していく」(水留社長)。

 あきんどスシローは、年30~40店ペースで新規出店を進め、今後3年間で100店をオープンさせる計画だ。2017年9月期中には、これまで店舗がなかった青森県・島根県へも進出する予定。当面、これまで通り郊外型店舗の展開が中心となり、「都心型店舗が100店のうち50を占めるというようなことはない」(水留社長)。とはいえ、都心型店舗も着実に展開を図っていく方針で、既に次なる出店先の検討に入っているもようだ。

サバのすしをパンではさんだ「鯖(さ)バーガー」(1皿200円、左上)や「おまかせ3貫盛り」(120円、右下)など、この店ならではの商品も揃えた。郊外のスシローよりも安い皿もあるという
サバのすしをパンではさんだ「鯖(さ)バーガー」(1皿200円、左上)や「おまかせ3貫盛り」(120円、右下)など、この店ならではの商品も揃えた。郊外のスシローよりも安い皿もあるという

次ページ ポイント機能が今秋にも全店で導入