問題の根は深い、南北の戦力構造×ミサイル技術の拡散

 このような北東アジア地域の情勢を判断する際、単に北朝鮮による核実験そのものや弾道ミサイル一発一発の意味合いだけを分析するだけでは、事態の本質に迫ることはできない。この地域に住む日本人として最低限、知っておくべきことが2つある。

 1つは、米ソ冷戦期以降続いている南北の伝統的な戦力構造だ。南北を分断するDMZ(非武装地帯)の南約50kmには、人口約990万人の韓国の首都ソウルがある。日本でたとえると、東京-秩父、名古屋-琵琶湖、大阪-姫路、福岡-下関と同程度の距離に、約100万人の北朝鮮陸軍が待ち構えている。戦争となれば、170mm自走砲や200mm多連装ロケットといった砲撃による第一撃と共に陸軍部隊が侵攻し、一般市民を巻き込む甚大な被害をもたらす。

 対する韓国の陸軍兵力は半分の約50万人、在韓米軍に至っては、わずか2.5万人であり、圧倒的に数的劣勢を負っている。仮に北朝鮮陸軍による先制奇襲攻撃を受ければ、米軍の空軍力を駆使しても韓国側の被害は免れない。このため、韓国は、事前に米軍を中心とする朝鮮国連軍の陸上兵力の増援を受けて対抗するのだが、大規模な部隊を受け入れるには時間がかかってしまうため、奇襲攻撃のリスクを拭えないというジレンマに陥っている。

 この戦力構造が存在するため、韓国側は北朝鮮に対して過度の刺激を与えることを嫌う。対する北朝鮮側は、一定程度、自己に有利な軍事バランスを保持することができており、結果として現体制の維持につながっていると考えることができる。情勢が一気に緊迫し始めた今年、韓国人が南北融和の考えを合わせ持つ文在寅(ムン・ジェイン)政権を選択したのは、この戦力構造がもたらす悲惨な結果を肌身で感じているからだろう。

 そして2つ目に知っておくべきことは、今、私たち日本人は未だかつて人類が経験したことのない、複雑な戦闘様相の渦中にいるということだ。

 ミサイル技術の急速な拡散により、北朝鮮でもボタン一つでハワイをミサイル攻撃することができるようになりつつある。従来は地勢の影響を受けていたが、今後は自らの戦力の影響をより遠方まで、しかも迅速に投射することが可能となる。

 この新たな戦闘様相は、冷戦期以降の伝統的な戦力構造に不均衡をもたらしつつある。北朝鮮は、弾道ミサイルを使えばグアム・ハワイなど遠方に配備されている増援部隊を攻撃できるようになり、朝鮮半島に戦力が近づくことを遅らせたり、防ぐことができたりするようになる。これはA2AD(Anti-Access/Aria-Denial;接近阻止/領域拒否)と呼ばれる戦術であり、現在、米中も南シナ海で同様の構図で対立している。

 さらに日米は、これに弾道ミサイル防衛システムという新たな軍事技術で対抗しようと試みている。米国やヨーロッパ諸国にも同様のシステムが配備されているが、実際の状況下で使用したことがあるのは、世界で唯一、日本の航空自衛隊、海上自衛隊と米太平洋軍に限られている。宇宙空間をも利用した実戦的な攻防は、北東アジア地域が世界で初めてとなる。

 このように、私たち日本人は、実に稀で複雑な戦略環境にさらされており、戦術・戦略的に極めて不透明・不確実な状況に立たされていることを自覚しなければならない。常に頭を捻り続けながら、最適な対処を導き出す努力が求められている。

有効な一手はあるのか?

 これまで、米国や国際社会は様々な形で北朝鮮のミサイル発射や核実験を抑止するための行動を展開してきているが、有効な結果を出せていない。最後には、まるで金正恩(キム・ジョンウン)と同じ表現を使えば伝わるとの意図があったのか、トランプ大統領から「炎と怒り」という挑発的な言葉までもが飛び出すに至った。

次ページ 企業経営上の指標