先ほど規模によっておにぎりや麺類などコンビニの生命線である食べ物の質が上がると、お答えになりました。しかしセブンイレブンの強さは、商品力だけでなく、各加盟店が本部の大方針に沿って、きっちりと棚に商品を並べるチェーンの統率力が支えています。統合して規模拡大したからといって、セブンイレブンのような組織力は獲得できません。

 うちは伝統的に、店名の通り、加盟店と本部の関係が「ファミリー」なんです(笑)。本部が加盟店に「今後こういう商品を出します」「夜間帯は何個発注してください」などとお願いするとき、強い店舗指導員のいるセブンイレブンとは違って、ファミマはどうしても「やってください、考えてくれませんか」という姿勢が強かったのです。

「うちは加盟店と本部の関係が、文字通り『ファミリー』なんです」(写真:的野弘路)
「うちは加盟店と本部の関係が、文字通り『ファミリー』なんです」(写真:的野弘路)

これからは、より統率力、結束力がある、セブンイレブン型に近づいていくということでしょうか。

 というより、ファミマが当たり前を当たり前にできるようにするということです。ひとつの商店として、加盟店がちゃんと商品を発注して、いつでも棚に商品がそろっているという、当たり前の状態にしよう、ということですね。2009年に、当社が、エーエム・ピーエム・ジャパンを統合したときには、我々が統合作業を進めて、商品など入れ替えることで、日販が大きく伸びました。それをみて、ファミリーマートの加盟店も、本部の方針通りにやれば、ちゃんと日販が伸びるんだ、という意識になるわけです。今回のサークルKサンクスの統合というのは、エーエム・ピーエムの統合のときと同じように意識を変えることができる、チャンスなのです。

 幸い、ファミリーマート社長になった沢田(貴司氏)は率先して現場を回りたいタイプです。私も全国を回りながら、こうした思いを直接伝えたいと思っています。

生鮮や惣菜はスーパーが圧倒的

経営統合により、グループ内に総合スーパー(GMS)を抱えることになりました。コンビニとスーパー、どのように相乗効果(シナジー)を出していくのですか。

 スーパーの強みは生鮮食品や惣菜です。これはコンビニを圧倒的に上回っています。スーパーでつくった商品をコンビニで売ることもできるかもしれない。特にユニーが強い地盤を持っている東海地方では、シナジーを発揮しやすいと考えています。

次ページ 店舗の転換、1年で終えるくらいの気迫で