欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタは6月28日、都内で債権者説明会を開いた。「今後の取引は優先的に支払いできる」「資金繰りの不安はなくなった」──。タカタ側が繰り返し強調したのは、売掛債権者への取引継続の要請だった。