もっとも「内燃機関の燃費改善でやり残したことはまだある。低価格、低燃費の追及は続けていく」(松林淳専務)。今回は高張力鋼板(ハイテン)の採用拡大、フロントフェンダーなどへの樹脂パーツの導入、購買の見直し、バックドアの内製化などを組み合わせた。その分できた余裕を、アクセルに応じて加速がスムーズになるよう動力性能の向上に振り分けた。結局、燃費は初代モデルから据え置きになったわけだ。これも全社横断で顧客の声を拾う「商品要件探索チーム活動」で「走り出しの力不足」という声が多かったことを反映した結果だという。

DNGAのキーワードにも「安全」

 三井社長は今回のミライースを「ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(DNGA)の原点」と表現した。トヨタ自動車がプラットフォーム(車台)の共通化などを進めている新生産手法「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」をダイハツ流にアレンジするのがDNGAだ。トヨタの完全子会社として再出発したダイハツの基本戦略となる。

 トヨタは既に「プリウス」や小型SUVの「C-HR」でTNGAの導入を実現しているが、ダイハツは2020年までに軽自動車でDNGA第一弾を発売後、順次小型車にも広げていく計画。新型ミライースについて、三井社長が表明したのは「低燃費・低価格・安全安心」というDNGAの大まかな概念のみ。具体的にどのような技術が集積されるのかは語らなかった。

 トヨタから託された課題である小型車によるASEAN市場の攻略の要にもなるのがDNGAだ。さらには否応なく対応を迫られる環境規制により、車両の電動化技術も進めていく必要がある。トヨタとの二人三脚で軽自動車市場の変化の波を乗り切ることができるか、まだ先行きは見通せない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。