三木谷さんから日本市場を学んでいる

日本市場の可能性をどう見ていますか。

 昨年、楽天さんからの出資を受け、三木谷浩史社長にリフトの取締役に就いてもらい、三木谷さん経由で、日本市場を学ばせてもらっています。 
 日本のタクシーは世界でもベストのクオリティーだと思います。運転は素晴らしいし、クルマ自体が清潔に保たれています。都市部ではタクシーがかなり集中して使われています。

 しかし、日本のみなさんとお話しますと、懸念されていることがいくつかあることが分かります。
 例えば、雨の時、早朝、郊外、金曜の夜などなかなかタクシーが探せない時間帯があります。2020年の東京五輪に向けてインバウンドのお客さんが増えた時には、タクシーがさらにつかまらなくなる懸念があります。

 2つ目は、タクシーの料金が高いという課題です。
 これも我々のライドシェアで解決できます。ダイナミックな価格決定メカニズムを使っているので、タクシーの需要が少ない時は料金が下がります。一方で非常に需要が多い時には料金が上がり、他のドライバーが入ってきます。

 こういった様々な経験から学んだのは、政府はあまり価格決定のメカニズムに関与しない方がいいということです。関与しない方が市場はより効率的になります。政府は基本的にそうしたスタンスを取っているのですが、タクシー業界は例外的な扱いになっています。

 安全性の担保は政府と我々にとっても最も優先順位が高いことです。
 リフトと組むと、タクシー業界ではできないことが可能になります。タクシードライバーはどんな人で、事故歴、どんな運転をするか分かりません。その人に命を預けることになります。

 リフトの場合は、ドライバーがアカウントを持っているので、電話番号など個人情報を知ることができます。クルマ自体にGPSが付いているので、毎秒トラッキングできるようになります。

 そうしたことから運転手と乗客の安全性を担保できます。
 終着点に着いた時には、運転手と乗客がお互いに評価をします。そこに何か問題があれば、改善点を探ることができます。

 こうした安全性と信頼性、経済性などが高まってライドシェアが広まっており、日々の生活や交通に大きな変化をもたらしているのです。
 サンフランシスコの街では、タクシー業界の市場の7倍までライドシェアの市場が拡大しました。これは、新規雇用が何十万人も増えたことを意味します。

(撮影:木村輝)
(撮影:木村輝)

日本市場へのアプローチは、どのような計画がありますか。

グリーン:今のところ発表できる計画は持っていません。ただ、新しい市場へのアプローチとして、競合他社のウーバーのように規制当局と折り合いがつかず、悪い評判を生み出すのではなく、その反対に当局と協力しながらの参入を目指します。

 というのは、最終的には規制当局も我々も目指すゴールは同じだと考えるからです。

 私は以前、行政機関で交通政策を担当していました。民間にしかできないことがあると考えてリフトを創業しましたが、立場が変わっても目指すゴールは同じです。