3月15日の午後。東京都葛飾区にあるマクドナルド奥戸街道店に、緊張した面持ちで中学3年生男子と母親、その友人が来店した。3人が来た目的は、食事ではない。日本マクドナルドがこの日全国で開催した、アルバイトの仕事が体験できるイベント(クルー体験会)に参加するためだ。

マクドナルドのクルー体験会で、店長から話を聞く参加者。店長はマクドナルドや店の歴史、仕事の内容について説明。その後、参加者は店長から直接指導を受けながらバーガーを作った

 3人は客席に通され、店長から米国で生まれたマクドナルドや奥戸街道店の概要や歴史、アルバイトの業務内容について、話を聞いた。店長はノートパソコンに資料を示して、丁寧に説明していく。

 5分ほどの説明が終わり、3人はエプロンとキャップを身に付けて、カウンターの中に入り、最初に手洗いの指導を受けた。そして、ハンバーガーを作る台の前に立ち、店長から手ほどきを受けてチーズバーガーを作った。

 「思ったより難しくなかったね」。参加者は笑顔で席に戻ると、自分で作ったバーガーを食べながら、店長と会話を弾ませた。

 中学3年生の男子は、今春から高校生になるので、アルバイトを始めたいと考えているという。母親が「学校の試験中には休みを取れますか」と尋ねると、店長は「高校生の子たちは結構休みを取っているし、大丈夫ですよ」「違った学校の友達もできるし、視野が広がると思います」などと答えた。男子は安心した表情を見せた。話も弾み、体験会は40分ほどで終了した。

 今回のクルー体験会は、参加者を専用のウェブサイトで受け付けた。「午前中には小さな子供を持つ主婦などが参加してくれました。この後に予約している人はいませんが、客席にいるお客さんに『クルー体験してみませんか』と声をかけます」と店長は語った。

「バイトはほぼ充足している」と言うが……

 この日、マクドナルドは全社を挙げてクルー体験会を実施。創業以来、初の取り組みだ。ほぼ全店の約2900店で行い、テレビCMも打つほどの力の入れようだった。

 大学生などが就職活動をする際、志望する企業で短期間の就業体験をするインターンシップ制度が日本でも普及している。今回のマクドナルドのクルー体験会はそのバイト版とも言える取り組みだ。

 なぜ今、こうした大々的なキャンペーンに踏み切ったのか。最近のアルバイトの在籍状況について、下平篤雄副社長兼COO(最高執行責任者)は、「平均では充足しており、現状のビジネスに合った人数となっている。しかし、これから安定的に業績を伸ばして、継続的な成長を実現するためには、さらなる人材の強化が重要となっている」と説明する。

 だが、現場からは、他の外食企業と同じく、深刻な人手不足の声が聞こえてくる。関東地方のある店舗では、慢性的にぎりぎりの人数で営業している状態で、この数年で応募が圧倒的に減ったという。2012年には年間約140人の応募があったが、2014年に70人に減り、鶏肉の仕入れ先による賞味期限切れ問題などが起きた後の2015年は40人にまで落ち込んだ。「直近の半年は30人以上の応募があり、まだましにはなったが高校生ばかり。深夜に働ける人がさっぱり応募してくれなくなった」と、その店舗の店長は話す。