ブリュッセル国際空港から歩いて避難する人々。奥には爆破されたターミナルビルが見える(写真:AP/アフロ)

 130人の死者を出したパリ同時テロから約4カ月。欧州が再び緊張に包まれている。

 3月22日、午前8時ごろ。ベルギーのブリュッセル国際空港メインターミナル3階のチェックインエリア2カ所で、立て続けに爆発がおきた。アメリカン航空のカウンター付近で大きな爆発音が響いたかと思うと、その直後に、数メートル離れた出口近くのスターバックスコーヒー前で轟音が続いた。

 いずれも、爆弾を満載したベストをまとった黒服の男が自爆したと見られている。爆発する間際、銃声とアラビア語で叫ぶ声が聞こえたという目撃談もある。11人が死亡、80人以上が負傷した。

 約1時間後の9時15分。今度は首都ブリュッセルの中心部で爆発が起きた。EU(欧州連合)本部の入るビルなどが集積する一帯にある地下鉄マールベーク駅。駅を出発した直後、列車の中ほどの車両で爆音が響いた。異変に気づいた運転士はすぐに列車を止め、先頭と最後尾の乗客を避難させた。判明しているだけで20人が死亡した。

「これほど大規模なテロは想定外」

 ベルギー当局はすぐさま今回の爆発をテロ攻撃と断定。国の警戒レベルを最高位の「4」に上げ、空港を閉鎖した。ベルギーのデブロック保健相によると、22日午後8時時点で、死者31人、負傷者は230人以上となり、昨年11月13日にパリで起きた同時テロに匹敵する惨事となった。

 ベルギーのミシェル首相は「私たちの国が卑劣なテロに見舞われた。多数の死亡者と負傷者が出ている。ベルギーの歴史にとって暗黒の日だ」と述べた。

 22日の午後、過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)が、IS関連の通信社を通じて犯行声明を出した。当局は現在、空港のテロに関わったと見られる3人の男を特定し、このうち、自爆せずに逃走している1人の男の行方を追っている。

 ベルギーは、パリ同時テロの際にも、実行犯が最後に逃げこむ舞台となった。今回も、空港という警備が最も厳しい場所の一つでテロを許した。惨劇はなぜ再び起きたのだろうか。

 伏線はあった。テロが起きる4日前の3月18日、ベルギー警察は、パリ同時テロの実行犯の一人、サラ・アブデスラム容疑者を含む5人をブリュッセル西部のモレンベーク地区で拘束した。21日には、ベルギー当局が逮捕後に記者会見を開き、ベルギーとフランス両国の連携の成果を誇っていた。現在も容疑者への取り調べが続いている。