薬物依存は自己責任だが…

 今回の清原事件に顕著だが、有名人が関わる事件は確かに社会的反響が大きい。それゆえ、検察としても起訴や有罪の獲得に向けて万全を期す必要があり、警察の捜査や逮捕も相当に慎重な姿勢になるのだろう。

 とはいえ、長期にわたる捜査期間中、清原・元選手の薬物依存症が悪化した可能性は高い。そんなのは自己責任だと言ってしまえばそれまでだ。そもそも、覚醒剤の使用は本人がやり始めたことであり、いたずらにずるずると続けていたから捕まってしまっただけの話ではある。

 しかし、ずるずると続けたのが「病」のせいであるならば、やはり速やかに治療に結びつけられることが肝心なのではないかと筆者は感じている。

 米国では規制薬物の使用者に対して、「ドラッグ・コート」と呼ばれる、通常の刑事司法手続きとは異なる裁判制度がある。これは、規制薬物使用者が、司法の監督下で、薬物依存から回復するための治療プログラムを受けて効果を上げれば、刑罰を科さないというもの。米国では既に浸透しているが、日本では専門家らによる研究段階で、導入の見通しは立っていない。

 規制薬物に対する依存症患者の放置は、罪を犯す人が増えるのを待つに等しく、そのまま再犯が繰り返されるようなら社会的損失も大きい。

 日本の違法薬物の「取り締まり」は世界一の水準と言われる。それでも、違法薬物に手を染める人間は後を絶たない。そうである以上、刑罰に頼らぬ薬物政策も考えるべき時期に来ているとは言えないか。