覚せい剤取締法違反の罪で起訴された清原和博被告が3月17日に保釈された。2月の逮捕後、「芋づる式に有名人逮捕者が出る」とも報じられていたが、現時点で大物逮捕の続報はない。元検察官は「それもそのはずだ」という。一体、なぜなのか。

清原和博被告はかつてのファンの期待に応えて薬物依存から抜け出せるか(写真:Koji Watanabe/Getty Images、撮影は2009年3月)

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴された元プロ野球選手、清原和博被告が3月17日に保釈された。逮捕から44日ぶり。保釈後、清原被告は糖尿病の治療のため千葉県内の病院に直行し、入院した。

 この先、清原被告は薬物依存から抜け出せるのか。高校時代のKKコンビの輝かし過ぎるほどの活躍をリアルタイムで見てきた筆者は、どうにか立ち直ってほしいとの思いが強い。だが、薬物依存からの復帰はそうたやすくはないだろう。

 というのも、薬物依存はれっきとした精神疾患だからだ。2月の逮捕を受けて、筆者は薬物依存症研究の第一人者の医師にインタビューを行っており、薬物依存症の実態について、詳しく知ることができた。

 覚醒剤を使い始めるきっかけは人によって様々だが、最初は多くの場合、使い方のコントロールができている。けれどそのうち依存性が高まって、コントロールが利かなくなり、止めたくても止められなくなってしまうという。

 この話を聞いた際、筆者の頭の中には「清原はもっと早く逮捕されていれば、病気の悪化を招かなかったのでは」との思いがよぎった。清原被告は、覚醒剤の使用・所持に関して少なくとも1年以上警察の内偵捜査を受けており、薬物使用疑惑を警察が把握していたのはさらに数年遡るとも言われる。にもかかわらず、警察はなぜ早々に逮捕に踏み切らなかったのか。覚醒剤の使用仲間や売人、元締めも捕まえようとして、清原被告を泳がせていた可能性も十分あるのではないか。筆者はそう感じたのだ。

 そんな疑問を警視庁関係者にぶつけたところ、思わぬ答えが返ってきた。

 「警察は検察の出先機関でしかない。特に、重大事件や大物が絡む案件は、検察官が『逮捕していい』というゴーサインを出さない限り、警察は逮捕できない」

 一般に、犯罪が発生した場合、警察が第一義的に捜査を行い、犯罪を起こした被疑者を発見、逮捕し、取り調べを実施して、被疑者の身柄と証拠などを検察に送る。その後、検察が警察の集めた証拠を検証したり、改めて取り調べなどを行ったりしたうえで、最終的に起訴するかどうかを決定する。