英ロンドンのキングスクロス駅に入ってきた、日立製作所の新型車両「Class800」。色はヴァージン仕様の赤と白が基調。先頭車両の側面には「あずま」と記載されている(写真:永川智子、以下同)

 3月18日、午前10時30分過ぎ。英ロンドンのターミナル駅、キングスクロスの8番ホームにゆっくりと車両が滑り込んできた。赤と白を基調とした真新しいデザイン。先頭車両には「Azuma」、その上には平仮名で「あずま」と記載されている。この日、英鉄道運行会社のヴァージン・トレインズは、テスト中の新たな鉄道車両を披露した。

 車両は、日立製作所の最新鋭モデル「Class800」。日立にとっては、この車両が2012年7月に獲得した総事業費57億ポンドのIEP(都市間高速鉄道計画)の第一弾となる。2018年にヴァージン・トレインズのイースト・コースト本線にまず497両を納入し、その後、別の運行会社が運営するグレート・ウェスタン本線向けに369両納入する。「新幹線を作った日本の鉄道技術が集積された車両」とだけあって、英国での注目度も高い。会場には、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏も駆けつけて挨拶に立った。

 Class800は最高速度時速200キロでキングスクロス駅と北部のエジンバラ駅などを結ぶ。ロンドンーエジンバラの輸送時間を従来よりも22分短縮し、4時間となる。車両名の「Azuma」はその名の通り、英国の東側を走るヴァージンのイースト・コースト本線から着想を得たという。「新車両の運行を楽しみにしている」とブランソンも顔をほころばせた。

お披露目式にはヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏(右から2人目)も参加。報道陣の注目を集めた

 もっとも、多くの報道陣の関心は別のところにあった。英国のEU(欧州連合)離脱騒動が日立の鉄道ビジネスにどう影響するかという点だ。

 英国のデービット・キャメロン首相は、EUを離脱するか否かの是非を問う国民投票を、6月23日に実施すると表明した。仮に離脱となれば、英国に拠点を持つ企業への影響は避けられないと見られている。

 目下、英国で日立の鉄道事業は絶好調だ。先に記載したIEPの他、都市近郊鉄道向け車両などを次々に受注。全ての納入が完了すると、現在174両が走る日立製列車の数は約8倍に増加し、車両の新規受注シェアでドイツのシーメンスやフランスのアルストムを抑えてトップに躍り出る。

 昨年9月には、英ニュートン・エイクリフに新たな鉄道車両の製造工場を開設。昨秋には、イタリアの防衛・航空大手フィンメカニカから車両製造事業のアンサルド・ブレダの買収も完了した。現在、欧州各国の部品メーカーなどと協力し、部品調達から車両製造までを欧州で手掛けるサプライチェーンを構築しており、世界の鉄道市場の約5割を占める欧州での事業拡大を急いでいる。2014年には鉄道事業の本社機能も英国に集約している。

 その前提にあるのは、英国がEU経済圏の一部であることだ。認証手続きなどが統合され、モノの移動に対する負担が少ない欧州の「単一市場」の利点を最大限に生かそうとしている。