潜水艦は輸出の「本命」

配備先の呉に向かって出港した

 豪州の潜水艦案件が首尾よく取れれば、防衛装備品輸出の初の大型案件。それだけに、防衛事業を手掛ける他のメーカーも「まずは潜水艦がどうなるかを見てから、自社の技術をどう海外で生かせるか考えたい」との意見が多い。原子力潜水艦以外の通常型潜水艦では日本の潜水艦の技術水準は世界でもトップクラスとされ、輸出競争力という点ではエース級の存在。スリーダイヤが再び豪州にはためく日は来るのか、受注の成否は三菱重工だけでなく、日本の防衛産業全体の今後の展開に大きな影響を与える。