クロマグロに近い味とされるサバ科の魚「スマ」の販売が東京・日本橋で始まった。愛媛県の漁協が販売元だ。大振りで脂も乗った種類を1週間限定で売り出す。今年秋をめどに本格販売も予定している。水産資源の枯渇が深刻な問題になっているが、スマのような「代替魚」が消費者にとって身近な存在になっていきそうだ。

鮮魚売り場に並ぶスマの刺身(日本橋三越本店)

 3月9日朝、東京・日本橋の日本橋三越本店の鮮魚売り場に、スマの刺身がお目見えした。切り身のほか炙り、中落ち、握りなど様々な種類の商品が並び、見た目はマグロやカツオのよう。午前10時の販売開始と同時に買い物客が訪れ、商品を次々と購入していった。

クロマグロの代替で期待

 スマはタンパク質や脂質の含有量がクロマグロとほぼ同じという、隠れた名魚だ。味もクロマグロに近いとされる。

 出荷時の体重は3~4kg程度と、50kgほどある養殖クロマグロの10分の1以下で、ブリよりも小ぶりだ。大きな養殖場や配送設備を用意せず、一般的な養殖設備を転用できる。泳ぎ続けないと死んでしまうのはクロマグロと同じだが、岩場近くにも生息する特性から、障害物を認識し、避けながら泳ぐ能力はクロマグロよりも高い。

 こうした養殖のしやすさに加えて、味も良いことから、資源の確保が難しくなっているクロマグロの代わりに利用できるとの期待が高まっている。愛媛県と、愛媛大学南予水産研究センター(愛媛県愛南町)が2011年から研究し、地元の養殖業者がスマを養殖している。

 愛媛県はこのスマの中でも、体重2.5kg以上、脂肪含有率が本マグロの中トロ相当以上に当たる平均25%以上のスマを厳選。「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」というブランド名で地元の漁協が販売する。日本橋三越本店で売り出したのも、この伊予の媛貴海だ。愛媛県漁政課は「マグロよりも脂のキメが細かく、口当たりはなめらか。刺身や炙りのほか、酢飯にも合う」とアピールしている。

 日本橋三越本店では3月15日までの1週間、毎日5尾分を限定販売。水揚げ量が限られるため販売量も少ないが、現在は量産化の準備を進めている。今年秋をめどに本格販売し、他の首都圏の百貨店のほか、高級スーパー、飲食店にも売り込む予定だ。