「個人としても企業としても、きちんとありたい。現経営陣として、お客様をはじめとする当社のステークホルダーの皆様にお詫びし、きちんと『けじめ』をつけたい」

 2018年3月2日にスバルが開いた社長交代の記者会見。現社長兼CEO(最高経営責任者)の吉永泰之氏は、17年10月に発覚した完成検査不正の問題が今回の人事に大きな影響を与えていることを明かした。6月の株主総会で承認が得られれば、吉永氏は代表権のある会長に就き、取締役会長の近藤潤氏、代表取締役専務の日月丈志氏、取締役専務(製造部門担当)の笠井雅博氏の3人が退任。中村知美専務執行役員が社長兼COO(最高執行責任者)に昇格する。

 今回の人事は、「不正があったから社長を交代する」という短絡的な結論ではないようだ。というのも吉永氏が社長交代を決めたのは不正が発覚する直前の9月。加えて、社長を譲った後も吉永氏はCEOを兼務するため、実質上のトップに変更はない。つまり、今回の社長交代人事は「予定通り」だったことになる。

 不正のけじめを誰の目にも分かりやすく付けるのであれば、吉永氏も他の3人と一緒にすっぱりと経営から身を引くのが自然だろう。だが、そうはしなかった。「(退任する)4人で責任の取り方を話し、今の案に最終的に至った」という。

 現経営陣はなぜこの結論に至ったのか。背景には、企業規模が決して大きいとはいえないスバルならではの事情も関係していたようだ。

写真撮影では、現社長の吉永氏が新社長となる中村氏に中央の立ち位置を譲ろうとする場面も見られた