【16:30】東京ドーム
入社16年目のソフトバンク社員、関戸淳文さん(サービスコンテンツ本部スポーツ事業統括部スポーツ事業推進部スポーツ事業推進課課長)。15時30分頃に退社。男性同僚2人と合流し、16時30分前に東京ドームシティ内のバッティングセンターに到着。汗を流したあとは同施設内のスパ「ラクーア」でゆったりお湯に浸かる予定。「プレミアムフライデーは大歓迎。仕事にもメリハリがつけられる」(関戸さん)とご満悦の様子

コマツでは本日、人事部がお昼に2回、プレミアムフライデーについての臨時社内放送を実施。「フレックスタイムなどを活用して帰れる人は帰り、有意義に過ごしてください」と伝えた。本社の各部署では15時過ぎから、ちらほら帰る人が。「早く上がれたので趣味のボルダリングをしに行く」という人も。

【16:30】銀座三越
1店目の視察に訪れた三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長。「盛り上がりは?」の問いに対し、「まだ分からないですけど、継続することが大事なので。これからですかね。我々にとってもこうしたイベントは大切です」と。

【16:35】銀座三越
「当分困らないほど色々買いました。各店が工夫されてました。990円の煮物のパック買おうかと思ったけど、今晩は予定あるので泣く泣く買いませんでした」と、石原伸晃・経済財政政策担当大臣。一方、大西社長は、「三越伊勢丹としては、今回は主に食に絞ってやってます。飲んだり食べたり、街を楽しんでいただいたり、してもらえればと思います」と挨拶。その後、石原大臣の「ぷれみあむぅ〜」の発声に、会場が「フライデー!!」と返す形で乾杯。なんか、体育会系の香りが漂う…。

【16:45】銀座三越
続けてジャズナイトがスタート。来店していたメーカー女子社員2人は、「社が15時上がりだったので来てみました。今日の午前中の詰め込み感は半端なかったですが(笑)。対象社員は結構いましたが、退社できなかった人も結構いました。普段は残業バリバリの会社なので、たまにはこうしたイベントがあるとありがたいです。このあと銀座をブラブラしたあと、六本木で2人でガブ飲みします」