2月24日、東京・青山のホンダ本社で開かれた記者会見。今後の経営方針を説明した八郷隆弘社長の立ち居振る舞いは、今までよりも堂々としていた。

「自分の言葉」で語るシーンが増えた八郷社長

 社長交代の発表はちょうど1年前の2015年2月で、同年6月末に社長に就任した。この間、八郷社長は現場を回りながら、ホンダの「次のあるべき姿」を考えてきたはずだ。それがようやく外部に発信できるものとなり、ホンダの8代目社長として腹をくくった様子が垣間見えた。

 会見の中身は今後の商品戦略や開発・生産体制、新たな経営体制まで多岐に渡った。中でも具体的かつ新たな方向性として示されたのが、今後のパワートレインの考え方だ。

 新たに打ち出したのが、2030年をめどに商品ラインナップにおける販売数の3分の2をPHV(プラグインハイブリッド車)とHV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)などの電動車にする目標だ。中でも家庭などでも充電できるPHVを主力に位置付け、「2018年までに北米でPHVの新型モデルを投入し、主要モデルへ順次拡充していく」(八郷社長)と宣言。北米と日本、中国を中心に、積極的に商品を投入する計画を明らかにした。

 ホンダはこれまでもHVなどクルマの電動化に積極的に取り組んできた。今年3月には、FCV「クラリティ」を日本でも市販する。いわば全方位で取り組んできたが、今回、PHVやEV(電気自動車)へのシフトを宣言したことになる。