ヤマダ電機が改装オープンした「YAMADA IKEBUKUROアウトレット・リユース&TAX FREE館」(東京都豊島区)

 東京有数の繁華街の1つで、家電量販店の激戦区としても知られる池袋駅前。この地域に1月末、改装を終えたヤマダ電機の店舗がオープンした。

 この店「YAMADA IKEBUKURO アウトレット・リユース&TAX FREE館」は、もとは携帯電話やパソコンと周辺機器を中心に扱う「LABI1(ラビワン) 池袋モバイルドリーム館」だった。地下1階から地上7階までの8フロアで約3479㎡という売り場面積は改装前と同じだが、その構成は従来と大きく異なる。

中古品の洗浄・点検をVTR紹介

 まず消費者から買い取った中古家電を、グループの自社工場で洗浄・点検し売り出す「リユース」商品と、メーカーが生産を終えた商品や型落ちしたものを含む「アウトレット」商品の販売コーナーを3~5階の3フロア設けたこと。3階の冷蔵庫や洗濯機売り場を訪れると、中古品の洗浄・点検工程を紹介するVTRを流し、商品の信頼性を買い物客に訴えていた。パソコンの修理・サポートのサービスも加えた。

 もう1つの特徴が、高級ブランドを買い取り・販売する「ブランドオフ」をテナントに迎えたこと。ブランドオフはこれまでにヤマダの新宿、新橋の店舗でテナントとして入っている。全フロアを免税対応にもした。

 アウトレット・リユース&TAX FREE館の近くには、ヤマダの国内店舗で有数の売り上げを誇る「LABI1 日本総本店池袋」がある。こちらは最新の家電製品を幅広く取り揃え、グループで展開する住宅コーナーなども設けている。