火災のアスクル倉庫、内部はこうなっていた

発送頻度の少ない商品については、天井まで積み上げられた在庫棚からロボットがピッキングする仕組みを採用していた。
閉じる