大規模火災に見舞われているオフィス用品通販大手アスクルの物流センター。同社が2012年に立ち上げた消費者向けネット通販サービス「LOHACO」を支える戦略拠点の一つで、自動のピッキングロボットを試験導入している最新鋭施設だった。記者は2016年9月、取材の一環でこの施設を訪れている。早期の鎮火を祈りつつ、当時、内部からみた倉庫の様子を紹介する。

 火災が起きているのは埼玉県三芳町にある物流センター「ASKUL Logi PARK(アスクルロジパーク)首都圏」。アスクルが土地や建物に160億円、設備や備品などに約40億円を投じ、2013年夏に稼働させた。

ロジパーク首都圏には総延長8.5kmにわたるコンベアが張り巡らされており、各地域に自動で荷物を送り分けていた(2016年9月、埼玉県三芳町。撮影:北山宏一)=以下同

 ロジパーク首都圏は地上3階建てで、延べ床面積は7万2000平方メートルと東京ドーム1.5個ぶんに相当する巨大物流センター。関越自動車道の所沢インターチェンジまでクルマで10分という好立地にあり、火災の発生直前まで、主に関東一円に出荷する約7万品目の在庫を取りそろえていた。

 周辺は田畑が多く、すぐ近くに民家が多数並ぶような状態ではない。どちらかというとすぐそばに佐川急便の営業所があるなど大型トラックが走り回っているような土地柄だ。記者は取材前に立ち寄った近くのセブンイレブンで、駐車場の広さに驚いた記憶がある。

 今回の火災は2月16日(木)の午前9時ごろ、発生が伝わった。それから4日半にわたって消防が消火活動にあたっているものの、20日(月)夕時点で鎮火のメドは立っていない。負傷者は出火当日の従業員2人にとどまり、死傷者は出ていない。これだけは不幸中の幸いといえるが、埼玉県の危機管理防災部によると19日(日)時点で全体の6割にあたる約4万5000平方メートルが焼損している。

最新鋭のピカピカ倉庫

 記者は2016年10月、日経ビジネスの「企業研究」というコーナーでアスクルを取り上げており(こちらを参照)、同年9月上旬にロジパーク首都圏を訪れた。

 当時、施設内に入って感じたのは、とにかく「最新鋭の機械を備えたピカピカの倉庫である」ということだ。竣工から3年程度とはいえ、全館にわたってLED照明が灯る屋内は明るく、「物流倉庫」と聞いてイメージするような暗さや、重労働に耐えて黙々と働く従業員……というような印象は抱かなかった。

メーカーの工場などからトラックで運びこまれてきた日用品の段ボールが、1階に積み上げられていた。

 1階にはトラックから運び込まれた段ボールをフォークリフトで積み上げる作業員たちの姿があった。身長178センチメートルの記者を悠に上回る高さまで積み上げられた段ボールの「山」に、最初は「地震が来ても大丈夫なのだろうか」と不安になったが、案内役のアスクル社員は「透明なフィルムで覆うことで、地震が起きても倒れないように工夫しています」。地震と火災とは別モノとはいえ、災害に対する意識は徹底されているように思えた。もちろん、火災時に作動するスプリンクラーについても「法定基準を満たして設置していた」(アスクル広報部)という。