米クラフト・ハインツは2月17日、英蘭ユニリーバに対して約16兆円で買収を提案したことを発表した。(写真:ロイター/アフロ)

 2月17日、世界の食品業界に衝撃が走った。

 この日、米食品世界大手のクラフト・ハインツは、日用品・食品世界大手の英蘭ユニリーバに対して買収を提案したことを明らかにした。同社が提示した金額は1430億ドル(約16兆円)。1株当たり50ドルで、同日の株価の終値を18%上回る価格だ。

 ユニリーバはボディケアの「ダヴ」や男性化粧品の「アックス」といったブランドで知られ、日用品では米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に次ぐ世界2位。食品でもスープの「クノール」や紅茶の「リプトン」、アイスクリームの「ベン&ジェリーズ」といったブランドを保有する世界大手でもある。

 一方のクラフト・ハインツも、クラッカー、クリーム、ケチャップなどの世界ブランドを多数持つ。クラフト・ハインツとユニリーバの直近決算の売上高を単純合算すると、買収後の新会社は約825億ドル(9兆2400億円)となり、食品の世界最大手、スイスのネスレの約895億ドル(約10兆円)に次ぐ規模となる。

 仮に買収が実現した場合、買収金額は食品業界で過去最大となる。昨年10月に、ビール世界大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が、同2位のSABミラーを約790億ポンド(約11兆円)で買収したが、クラフトの提案金額はこれを上回る。

 提案を受けたユニリーバは、即座に拒絶のプレスリリースを発表した。その2日後の19日、クラフト・ハインツは買収の取り下げを発表。世紀の買収はひとまず幻に終わったが、食品業界の世界再編は今後も続く可能性が高い。

 実は、今回のクラフトの買収提案と、昨年完了したABインベブの買収には、一つの共通点がある。双方の企業に出資する株主を調べると、「3Gキャピタル」という投資会社の存在に気づく。

 同社こそ、近年の食品業界の巨大M&A(合併・買収)を仕掛ける影の主役にほかならない。