今年9月、コンビニエンスストア3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(HD)が経営統合する。両社は2月3日に統合後の経営体制などを発表。翌4日、記者会見を開いた。

中央に立つのがファミリーマートの上田準二会長。その両脇をファミリーマートの中山勇社長(上田会長の左)と、ユニーグループHDの佐古則男社長が固める。右端はサークルKサンクスの竹内修一社長、左端がサプライズ人事の目玉であるリヴァンプの澤田貴司社長兼CEOだ(撮影:的野 弘路)

 「この経営統合は、両社のお客様、取引先、加盟店、そして株主、社員にとって、より多くの利益をもたらすと確信しております」。会見の冒頭、ファミリーマートの上田準二会長は、こう語った。

 統合後、ファミリーマートとユニーグループHDの持ち株会社の社名は、ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)になる。この傘下に、コンビニ事業を展開する事業会社ファミリーマート(サークルKサンクスのコンビニ事業と一体化)と、総合スーパー(GMS)を展開するユニーが収まる構造だ。

 コンビニ事業では国内に約1万1000店を持つファミリーマートと、約6000店を展開するサークルKサンクスが一緒になる。ブランド名は「ファミリーマート」に統一し、2019年2月までに統一作業を終える計画だ。今年9月以降、「サークルK」「サンクス」という2つのブランドは、順次消えることになる。

 持ち株会社とコンビニ事業会社は、現ファミリーマートがある東京・東池袋に、GMS事業会社は引き続き愛知県稲沢市に本社を置く予定だ。

 持ち株会社、ユニー・ファミリーマートHDの社長に就くのはファミリーマートの上田会長。同社の副社長に、ファミリーマートの中山勇現社長と、ユニーグループHDの佐古則男現社長が就任。中山現社長は、統合後のコンビニ事業会社の会長に、ユニーグループHDの佐古現社長はGMS事業会社の社長に就く。

 一連の発表内容は、いずれも関係者の想定通りのものだった。当初から、今回の統合を主導した上田会長が、統合後の新体制でも経営の指揮を執るという見方が多かった。またコンビニの店名も、店舗数の多い「ファミリーマート」に統一すると考えられていた。

 唯一のサプライズは、コンビニ事業会社の社長に、外からある人物を招聘したことだろう。それが、企業経営支援会社であるリヴァンプの澤田貴司社長兼CEOだ。