昨年110万人を超える難民が流入したドイツで今、外国人排斥を訴える声が強まっている。そんな中、ヒトラーの『わが闘争』が戦後初めてドイツで再出版された。その意味を考えたい。

(写真=ロイター/アフロ)

 「よく知られた極右による外国人排斥の方程式が、欧州で再び社会的に容認されかねない恐れがある今だからこそ、ナチ党とそのすさまじい人種差別主義がいかに恐ろしく力を持つに至ったかを研究し、説明していくことが必要なのです」

 ミュンヘンにある現代史研究所のアンドレアス・ヴィルシング代表は同研究所が1月8日、戦後70年ぶりにアドルフ・ヒトラーの『わが闘争』を出版した意義を同日に開いた会見でこう語った。

 ヒトラーが1920年代に著した『わが闘争』は、33年にヒトラーが権力を掌握して以降、全体主義と反ユダヤ主義を掲げるナチズムを推進する支柱となり、ドイツ敗戦の45年までに発行部数は実に1200万部にも達したという。

 敗戦に伴い占領軍としてミュンヘンに駐留した米国軍は、ヒトラーの当時の私的住所がミュンヘンにあったことから、『わが闘争』の著作権を地元バイエルン州政府に移すことで同著出版の道を封じた。同州政府が以来、ドイツ語による出版を全て拒絶してきたのだ。

 しかし、ドイツの著作権法では著者の死後70年で著作権の保護期間が切れる。『わが闘争』の著作権も2015年末で消失し、誰でも再出版できるようになることが分かっていた。そのため、ドイツでは何年も前から『わが闘争』の再出版問題にどう対応するか、様々な議論が重ねられてきた。

 その結果、各連邦州政府の司法当局は、ドイツの「反扇動法」を根拠に無批判なまま同著を出版することを禁じることで合意。その一方で進められてきたのが、現代史研究所による注釈付き学術版である『わが闘争』の出版だ。