「みなさんは、今まで通り、ユーザーのことを見て、『ユーザーファースト』のサービスを作り続けてください」。クックパッドの穐田誉輝(あきた・よしてる)社長は1月19日、全社員の前でこう話したという。

 クックパッドはこの日、創業者の佐野陽光氏らと現経営陣の間で経営の主導権をめぐる対立があることを公表した。社員に対してその事実を説明するために、穐田氏は緊急の全社ミーティングを開き、冒頭のように話した。

 既に報道されている通り、株式の44%を保持する筆頭株主の佐野氏は、3月の株主総会に向けて取締役の交代案を提出した。自身を含めた8人を取締役として選任するように提案。その候補者の中にはマイクロソフト元社長の古川享氏の名前などが並ぶ。

クックパッド創業者の佐野陽光氏は自らを社長にする提案を行った。写真は2012年に日経ビジネスでインタビューした時のもの(写真:山本 琢磨)

 この騒動を受け、翌20日にクックパッド株は23%下落してストップ安に。21日も6%下げた。ドイツ証券の風早隆弘シニアアナリストは、株価の下落は「穐田氏をはじめとする現経営陣へ支持を表明したのと同時に、佐野氏の株主提案に不支持を示したもの」とするレポートを発表。また、「同社の成長には穐田氏続投が不可欠であり、佐野氏の株主提案取り下げを期待する」とレポートを締めくくった。

海外事業は「投資フェーズ」か「回収フェーズ」か

 クックパッドは、ユーザー投稿型レシピサイトとして有料会員数が170万人を超える。月間利用者数も5500万人と規模は国内随一だ。2015年12月期の連結業績は、公表している第3四半期までで売上高は100億600万円、営業利益は42億400万円と前年同期に比べてそれぞれ6割以上も伸びている。2017年度には、100億円の経常利益を目指すとしている。

 数あるベンチャーの中でも、売上高営業利益率が40%以上のクックパッドは“超”が付く優良銘柄とも言える。そのクックパッドで何が起きたのか。