川崎重工業が防衛省向けに開発した新型輸送機の民間転用を断念したことが分かった。型式証明などを新たに取得するのに莫大なコストが発生するためだ。三菱航空機の「MRJ」も型式証明取得で苦戦しており、事業が大幅に遅れている。