13日、東京・有明の展示場「東京ビックサイト」でイベントを開催し、新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を3月3日に2万9980円で発売すると発表した任天堂。良い意味で、「任天堂がヘンなものを出してきたぞ」とワクワク感を抱かせる発表会だった。ただしその源泉は、ネーミングの由来にもなっている、シーンによって遊び方を「スイッチ(転換)」できることではない。

13日、任天堂の君島達己社長はニンテンドースイッチの発表会冒頭に登場、発売日と価格を発売した(撮影:陶山 勉)

 新型機最大の特徴は、「持ち運べる据え置き型」。本体は6.2インチのタッチスクリーンやスピーカーと一体となっており、テレビに接続して従来の据え置き型のように遊べる一方、本体をドックから外し、容易に持ち運び、携帯型ゲーム機のように楽しむこともできる。

プレイスタイル紹介映像(YouTube)

 この日の発表会では発売日や価格のほかに、対応タイトルなどの発表も相次いだ。これが失敗したらもう次はない、という気合いと覚悟で臨んだのだろう。ソフトが続かず苦戦したWii Uの反省からか、現在開発中の対応タイトルは80以上と潤沢。ゲーム好きの「コアゲーマー」がソニーやマイクロソフトのゲーム機へと流れた反省を生かしてか、コアゲーマーを意識した品揃えと演出も目立った。

 発表会開始前の演出はDJがテクノ音楽を奏で、レーザー光線を多用するなど、スタイリッシュでクール。「ゲーム人口拡大」戦略を強調し、ファミリーや子ども向けの演出が目立った従来とは趣が異なる。