家電ベンチャー、バルミューダ(東京都武蔵野市)は1月12日、電気炊飯器「BALMUDA The Gohan」の発表会見を都内で開いた。同社では2015年に売り出したトースターが大ヒット。寺尾玄社長はこれまで、「売りたいのはトースターではなく、美味しいトーストを食べるという体験」、「消費者はモノにカネを払うのではなく、体験にカネを払う」などと話し、「モノからコト」への消費者心理を巧みにすくい上げてきた。

バルミューダが2月下旬から販売する電気炊飯器「BALMUDA The Gohan」。同社のキッチン家電としては、トースター、電気ボットに続く3商品目だ(写真:バルミューダ)

 その流れの延長で、満を持して開発した炊飯器を前に、寺尾社長が言い放ったのは「これはただの道具ですよ!」。その真意はどこにあるのか?そして、その炊飯器で炊いたご飯はおいしいのか。その実力を、土鍋派の記者が判定する。

「土鍋よりおいしいご飯を実現せよ」

バルミューダの寺尾玄社長。期待の新製品発表会に気合いが入っていた

 寺尾社長も自宅ではずっと土鍋でご飯を炊いていたという。開発陣への注文は「土鍋よりおいしいご飯を実現すること」。ガスの直火で炊くご飯は電気炊飯器で炊くよりもおいしいとされ、「土鍋派」もそれなりに存在する。ただしガスコンロが一口占領されてしまったり、途中で火力調節が必要だったり(最近では勝手にやってくれるガスコンロもあるが…)と、不便さも伴う。寺尾社長からの命題に、開発チームは商品化まで18カ月を費やした。同社の製品の中で最も長い期間をかけ、試行錯誤を繰り返してきたという。

 日本の電気炊飯器の実力は中国からの旅行客がお土産によく買っていくことからも分かる。主力商品の炊き方はIH(電磁調理器)によって内釜を発熱させたうえ、発生した水蒸気を閉じ込めて高圧にし、沸点を高める「圧力IH式」が多い。また内釜には発熱性が高い素材を使った分厚いものが主流となっている。

 これに対し、バルミューダの炊飯器は蒸気で炊き上げる方式を採用した。内釜を直に熱するのではなく、釜を二重にして、釜と釜の間に200ccの水を入れ、その沸いた水から出る蒸気によって内釜を熱くし、コメを炊く仕組みだ。圧力IH式は内部の温度が110度程度まで高まるが、バルミューダ製は100度を超えないように設計した。「煮物を沸騰した中で調理すると煮崩れするように、コメも沸騰する中で炊くと崩れてしまう」(開発を担当した唐澤明人氏)からだ。これによって、張りのある、食感の良いご飯が炊けるようになったという。

左が開発を担当した唐澤明人氏。本職はプログラマーだが、今は米研ぎ名人になったという

 炊飯容量は3合炊きの1種類。なぜ3合炊きなのか。寺尾社長は「蒸気による炊飯は3合以上ではまだおいしく炊くことに成功していないから」と正直に明かす。タイマーこそ付いているが、保温機能はない。「味が落ちてしまうから」(同)で、おいしいご飯にこだわるが故のシンプルな設計にしたわけだ。価格は4万1500円(税抜き)だ。