地球温暖化の影響からか、平均気温は徐々に上昇している。冬本番を迎えたが、「暖冬」と呼べる日々が続く。ところが、温暖化が進んだとしても、単純に降雪量が減るわけではない。むしろ、極端な豪雪に見舞われることもある。雪が積もれば冬用タイヤの出番だが、今シーズンは顔ぶれが変わりそうだ。
米グッドイヤーが日本で販売するオールシーズンタイヤ

 気象庁が発表した昨年12月の平均気温は各地域で例年より0.3〜1.8度高く、2016年の平均気温は統計記録が残る1898年以来、過去最高になった。一方、2016年11月には、この時期としては54年ぶりに都心で雪が降った。天候が予想しにくいことを背景に、これまで欧米向けの商品だったオールシーズンタイヤが日本でも売れる兆しを見せている。日本では冬用タイヤとして普及してきたスタッドレスタイヤと熾烈なシェア争いが始まろうとしている。仕掛けたのは米グッドイヤーだ。

天候不順に勝機あり

 2016年11月23日、都心で晩秋の積雪という珍事が起こる前日。天気予報を受けて、関東各地の自動車用品店には冬用のスタッドレスタイヤへの交換を求める客が殺到し、数時間待ちの行列ができた。降って湧いたタイヤ特需は、メーカーにとって「恵みの雨だった」(ブリヂストンの西海和久COO=最高執行責任者)。

 一方、全く違った思惑でこの現象を歓迎していたのが米グッドイヤーの日本法人、日本グッドイヤーだ。金原雄次郎社長は「先の読めない天候不順はオールシーズンタイヤの需要を拡大させる」と期待する。

 オールシーズンタイヤは、熱い路面や降雨時に適した夏タイヤと、凍結路面に対応する冬タイヤの両方の特性を一定程度備えている。夏タイヤと冬タイヤの違いはゴムの剛性と、「サイプ」と呼ばれる細かな溝にある。硬い夏タイヤは熱に強く、水たまりの水をはじき飛ばす。一方、柔らかい冬タイヤは凍結路面に密着し、サイプで薄い水膜を吸い上げる。

 オールシーズンタイヤは中央部分に冬タイヤのようにサイプを刻み、サイド部分は夏タイヤと同じく剛性を持たせてある。グッドイヤーは1977年、世界で初めてオールシーズンタイヤを発売した。

 欧米市場ではオールシーズンタイヤが一般的だ。日本グッドイヤーによると、浅雪路や除雪路が多い米国ではオールシーズンタイヤのシェアは8割に達する。アウトバーンで高速走行するドライバーが多い欧州市場では、冬タイヤとしてより高い性能が求められるためシェアは落ちるが、5割程度のユーザーがオールシーズンタイヤを使う。

 ところが、「日本の豪雪地帯の根雪が張る路面では、オールシーズンタイヤの性能は十分とは言えない。これまで日本市場でのシェアは、せいぜい1%程度だった」(金原社長)という。