2017年1月4日、米テスラ・モーターズはパナソニックと共同で、米ネバダ州で世界最大のリチウムイオン2次電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」を稼働させた。2014年から建設を進めてきた同工場はこのほど竣工し、リチウムイオン2次電池のセルの生産を始めた。

 工場の開所式には、テスラのイーロン・マスク会長兼CEO(最高経営責任者)とパナソニックの津賀一宏社長が出席。その後、報道関係者向けに共同会見を開いた。

テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(中央)とパナソニックの津賀一宏社長(右)

 「ギガファクトリーでは世界中のあらゆる工場の中で最大という規模のメリットを追求し、電池を低コスト化する。長距離走行できる電気自動車(EV)を安価にして、みんなの手が届くようにしたい」。マスクCEOはこう語った。

EV半額のカギとなる電池

 同工場で製造する電池は、テスラが2017年半ばにも量産を開始する小型セダン「モデル3」に搭載される予定。モデル3の価格は、テスラの現在の主力車である中型セダン「モデルS」や多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」の半額に相当する3万5000ドル(約416万円)。手ごろな値段であることから、EVの普及を加速させるけん引役になる可能性がある。

テスラ・モーターズの小型セダン「モデル3」。従来のテスラ車に比べれば手頃であるため(3万5000ドル)、予約が殺到した

 「電気を貯めてクルマが走る時代が来る。社会を変えるためには電池をいかに有効活用するのかが大事で、だからこそパナソニックはギガファクトリーへの投資を決断した」と津賀社長は強調した。

 ギガファクトリーへの総投資額は約50億ドル(約6000億円)で、そのうちパナソニックの投資額は1500億~2000億円程度になるとみられる。現在は工場全体の約30%が完成した段階で、今後も追加投資して生産能力を順次拡大し、2018年までに年間の生産能力を35GWh(ギガワット時)に引き上げる。この生産規模は「ギガファクトリーを除く全世界で生産されるリチウムイオン2次電池の総量に匹敵する」(テスラ)という。