店は完全招待制

 店の名前はボヘミアンといいます。無論、新宿にある「なんちゃって系」ではなく、ガチもガチの隠れ家です。

 「口コミサイトに書き込んだ客の無粋を言いながら、日経ビジネスオンラインという多大なる影響力を持ったメディアに記事を書くとは、貴様どういう了見だ」とお叱りを受けそうですが、なに、ご安心下さい。この店は完全招待制でありまして、店を利用したことがある客から招待された後、初めて次回以降の予約が取れるという厄介な仕組みになっているのです。

 要するにみなさまはこの記事を読んだところで、(誰か知り合いでも居ないかぎりは)この店に行くことは出来ないのです。まあ「世の中にはこんな店があるのだ」と社会勉強のつもりでお読み下さい。

 そうそう。この店は先の大阪のバーのように住所と電話番号が非公開です。食べログにも書き込みはありますが、今のところ客のモラルに守られて詳細情報は晒されていないようです。

ここが噂のボヘミアンの入り口。

 たとえ誰かから情報を得て、店の在り処を探し出せたとしても、ウォーク・インのお客は一切受け付けません。入り口のドアは完全にロックされていて、テンキーで暗証番号を押すか、インターホンで店内に解錠を依頼しなければいけません。

 こりゃ良いですな。ドキドキします。私はこの店に出資をする佐藤大吾氏に招かれて初めてこの店に訪れました。

照明が落とされた店内はこのような感じ。