読者諸兄は一昨年起きた、「食べログ隠れ家訴訟事件」を覚えておいででしょうか。

 「秘密の隠れ家」をコンセプトに営業し、結構な人気店であった大阪のバーが、店の営業方針に反して食べログに住所と地図と電話番号を掲載されたため、その削除と損害賠償330万円の支払いを求め大阪地裁に提訴した事件です。

 「秘密の隠れ家」を掲げる店は、実は結構な数があります。

 「隠れ家」でググってみると、驚くほど多くの飲食店が候補として出てきます。新宿には表通りの雑居ビルにデカデカと看板を掲げている「隠れ家系」のチェーン店が有るほどです。

 ですが、この大阪の店はこうした「なんちゃって隠れ家」ではなく、ガチの隠れ家だったようで、看板も置かず入り口を厳重な鉄扉でロックし、その扉には「開けるな」と書かれた札をベタベタと貼るという「演出」まで為されていました。こんな所に本当に店があるのかしら…と思いながらドアを開けると、一転して店内には華美な装飾が施され、そのギャップに客は酔いしれるという仕組みだった訳です。なるほどこりゃウケますわな。

隠れ家飲食店の情報をさらしていいのか?

 “知る人ぞ知る”店であることが隠れ家飲食店の大前提です。それが店の詳細を晒されたのではコンセプトそのものが台無しになりますから、店側は当然食べログに削除を要請します。ところが食べログ側は、“表現の自由”を盾にこれを拒否します。

 うーむ、さすがは田中社長。強気です。何しろ食べログはカカクコム社がゼロから立ち上げた押しも押されもせぬ日本一の口コミグルメサイト。ここで簡単に引き下がるわけには行きません。双方一歩も譲らず、「それなら出るところへ出ようじゃないか」と相成った。

 注目の大阪地裁第一審。結果は棄却でした。食べログ側の全面勝利です。実は店側は自らのホームページに住所と電話番号を公開していた。そのため法廷は、「サイト側が削除要請に応じないことが違法とまでは言えない」と判断したのです。店側はこれを不服として上訴。争いは高裁に持ち込まれ、高裁は和解を勧告しました。その内容は明らかにされていませんが(つまり食べログ側がいくら払ったのか分かりませんが)、ともかく和解は成立。結果、食べログの画面からは店の電話番号と地図が削除され、住所の詳細も消される形となったのです。

 店側は店を訪れる客に「絶対に書き込みをしないで下さい」と繰り返しお願いしていたそうです。こうした場合、書き込んだ客の責任は問われないのでしょうか……。店側は客の責任を問いませんでしたが、一番いけないのは、店の切なるお願いを無視してサイトに書き込んだ無粋な客だと思うのですが。

 前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは東京・西麻布にある隠れ家のお店です。