【使える表現(4) Old machines are usually written off. (古い機械はたいてい減価償却されています。)】

 「write off」は日常会話ではあまり耳にしたことがないかもしれません。減価償却するというビジネスネスフレーズです。今回は古い機械(old machines)が減価償却された(be written off )と受動態になっています。

This equipment was written off in ten years.
(この設備は10年で償却された)

【使える表現(5) I see your point, but…(ああ、なるほど、でも…)】

 I see your point」で「あなたのおっしゃっていること(ポイント)はわかりました」という意味です。その直後に「but」で続けることで、一度相手の意見を受け止め、その後自分の意見を伝えることができます。ミーティング等で反対意見を言う前に、使えるフレーズです。意見交換をする際に使える表現は他にも以下のようなものがあります。

I see what you are getting at, but…
(おっしゃっていることはわかるのですが…)

That’s certainly a valid point. On the other hand,…
(それは確かに正当なポイントですね。しかし一方では…)

【使える表現(6) Without additional changes, the investment won't pay off. (追加の手を打たないと投資も活きてこないでしょう。)】

 「pay off」は「うまくいく、期待した成果を上げる」という意味の口語表現です。ビジネスシーンで使われるときは、「利益をもたらす、儲かる」の意味合いを含むことは言うまでもありませんね。

【声に出して練習してみましょう!】
 それぞれの表現・単語の意味やニュアンスが分かったところで、トレーニングに移りましょう!①会話文の音声の確認、②音声とともに音読(オーバーラッピング)、③特に使えるようになりたい表現を何も見ないで言えるようになるまで音読してみましょう。

 「I see your point, but…」はミーティング等で使いやすい表現です。実際に使う場面を想像しながら、練習をしてみましょう! 「but…」の後も自分なりに文章を作って言ってみてもいいでしょう。

Keep going!(その調子で!)

 では、次回まで繰り返し練習を頑張ってください!

 See you next time!