ユリ・ゲラー。イスラエル出身。日本をはじめ世界中に超能力ブームを巻き起こした男

 40代以上の多くの人は、実際に曲げたことはなくても、曲げようと試みたことがあるはず。そう、スプーンの話だ。本来、料理を食べたりするための道具を日本全国で「曲がれ!」と念じる不思議な現象が起こったのは、ユリ・ゲラーの“超能力”によるものだ。

 ユリ・ゲラーが日本で華々しく生放送デビューを飾ったのは1974年、昭和49年の3月7日。日本テレビの『木曜スペシャル』でのことだった。日本時間の20時35分、カナダからユリ・ゲラーが日本の茶の間に“念”を送り始める。すると、日本テレビ内に特別に設置された電話が、次々に鳴り始めた。

 電話口で聞かれたのは、「曲がりました!」の声だった。

 この番組を仕掛けたのは、当時日本テレビ社員だった矢追純一。特設電話の用意も彼のアイデアだ。視聴率は堂々の26.1%を記録した。

元日本テレビディレクター 矢追純一。UFOやネッシー、雪男などの企画で高視聴率を連発した。ユリ・ゲラーを日本に招き、超能力ブームを巻き起こした
ユリ・ゲラーが出演した「木曜スペシャル」の台本。矢追が保管していた40年前の貴重なもの

 本当にユリ・ゲラーは超能力者なのか?

 大人も巻き込んで大議論が始まり、「自分も曲げられる」と名乗り出る少年たちも現れた。

「超能力は、使えないの?」

 そんな中、自分の将来に不安を覚える者もいた。松尾昭、手品商品の実演販売をしていた20代の男性だ。

 昭和49年3月8日、つまり放送の翌日から松尾の前で足を止める人の数は激減した。昨日まで楽しげに手品を眺めていた客からかけられた一言は「超能力は、使えないの?」。“超能力”という“ホンモノ”を見てしまった人たちの目には、手品という、タネもシカケもある“インチキ”は色あせて見えたのだ。

 マジック歴15年の松尾青年はうちひしがれ、仕事の予定をキャンセルして渡米する。目的は、ユリ・ゲラーに会い、その“超能力”を直接見ることだ。ユリ・ゲラーの講演が行われるホテルにたどり着いたが、講演は急遽中止に…。

 しかしそこで、アメージング・ランディと運命的な出会いをする。