1986年5月21日。アイルランド・ダブリン郊外にある貴族の館でフェルメールの傑作を含む18点の絵画が盗まれた

 1986年は、スペースシャトルチャレンジャー号の爆発事故とチェルノブイリ原発の事故が起きた年だ。この二つの大事故に隠れがちだが、同じ年にアイルランドでは、20世紀最大級の名画盗難事件が起きていた。30億円以上の価値がある、絵画のコレクションが盗まれたのだ。その中には、寡作で知られ、日本でも人気でフェルメールの作品が含まれている。

闇将軍「政府と警察に恥を」

 盗んだのは、アイルランドのギャングの親玉、マーティン・カーヒルだ。

 スラム街に生まれ、アイルランドがイギリス統治下にある北アイルランドの分離独立を求め、IRAの活動が過激化する中で育ったカーヒルは、反社会的犯罪を重ねて闇社会のトップに君臨するようになっていた。部下をこき使い、ありとあらゆる犯罪に手を染めていたことから、ついたあだ名はジェネラル、つまり将軍。

 その将軍が自ら部下を率いて5月21日未明の暗闇に身を潜め、フェルメールの作品を個人所有する貴族の家を襲い、警報装置すら騙して狙ったものを手に入れて、まんまと逃げおおせた。

オランダの巨匠フェルメールの絵画が飾られていた部屋

 ただ、強盗、脅迫、殺人と、なんでもしてきたカーヒルだが、絵画泥棒に手を出したのはこのときが初めてだ。将軍をその気にさせたのは、あるニュース。フェルメールの作品を個人所有していた貴族が、先々のことを考え、私的絵画コレクションを国に寄贈することを決め、そう発表していたからだ。

 カーヒルは、国の宝を盗めば、自分の敵である政府と警察に間違いなく恥をかかせられ、かつ、その世界での自分の名声を高められると踏んでいた。部下にはこう嘯いている。

 「この絵画のおかげで、俺たちは有名になる」

 盗難発覚後、政府は慌て警察は捜査を始める。ただ、百戦錬磨のカーヒルは、現場に決定的な証拠を残していないことに強い自信を持っていた。

 そこに立ち向かうのが、ミスター・リスクの異名を取るスコットランドヤードの捜査官で、美術犯罪スペシャリスト、チャーリー・ヒルだ。