封鎖された安田講堂に機動隊から放水が行われた

 1960年代の日本の学生運動は、1969年1月19日午後5時46分に東京大学安田講堂が陥落し、377名が逮捕者されたことで、事実上、終止符を打った。なぜ学生――東大の学生に限らない――は、安田講堂を初めとした東大内の施設に籠城していたのか。なぜ、学生による制度改革の訴えは、機動隊の突入を招く事態と化したのか。

闘争を知らない子どもたち

 後の世代に生まれ育った人たちは、それをよく知らない。知らないから当時の学生に共感しにくく、むしろ、学生運動世代の人たちのことを「理屈っぽい」といった理由で毛嫌いしたり、学生運動世代の影響を受けすぎている同世代のことを「一方的に過ぎる」と感じたりもする。

 アナザーストーリーズのチーフプロデューサー・久保健一もそのうちの一人だった。1991年に大学生となり入寮すると、留守の間に自室の机の上に“アジビラ”が置かれている。休み時間に講義室にいると、彼らが入ってきて教壇に立ち見解を述べ始める。

 「彼らにも正義があるのかもしれないけれど、押しつけられる方はたまったものじゃない。なんなんだ、ふざけるな。そう思っていました」

 彼らに直接、どういうつもりなのかと質したこともある。

 一方で、漠然と知っていたつもりのあの時代を理解したいという思いもあった。今回、アナザーストーリーズで籠城していた学生、事態を収拾したい大学、強制排除に乗り出した機動隊、それぞれに、「誰が悪いのか」ではなく「自分たちは何をしようとしていたのか」を聞いたことで「どの立場の言い分もわかる」と思うようになった。そして、共感できなかった学生に対しても「普通の学生だった」と見方が改まった。

 「けが人も出ているので、あれが正当な行いだったと簡単に言うことはできません。武力に訴えようとしたのもやり過ぎだと思います。でも、彼らの主張もわかるし、もしかすると、いい形で決着することもできたのではないかと思っています」