ウルトラマンシリーズで異彩を放つウルトラセブン(c)円谷プロ

 今年、2016年は、ウルトラマンシリーズの放送が始まって50年という記念すべき年だ。NHKでは7月9日土曜20時から、BSプレミアムで「祝 ウルトラマン 50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭」を放送する。ウルトラマンのハヤタ隊員(黒部進)、ウルトラセブンのモロボシ・ダン(森次晃嗣)、帰ってきたウルトラマンの郷秀樹(団時朗)、ウルトラマンコスモスの春野ムサシ(杉浦太陽)など、錚々たるメンバーが顔を揃え、3時間、生放送を行う。

 それに先駆ける格好で、7月6日水曜日放送の「アナザーストーリーズ」(NHK BSプレミアム、21時から)では、ウルトラマンシリーズからヒーローをひとり取り上げる。初代のウルトラマンではなく、ウルトラセブンだ。

なぜ恐れられ、なぜ愛されたのか

 番組制作にあたって行った街頭インタビューでは「ウルトラマンシリーズではウルトラセブンが一番好き」という人に何人も出会った。

 この連載を河瀬大作から引き継いだ久保健一は1972年生まれ。子供の頃はウルトラマンシリーズに夢中になっていたが、ウルトラセブンだけは「怖かった」。

 なぜウルトラセブンは久保少年から恐れられ、2016年に街頭インタビューに答える大人たちから好かれているのか。番組ではその謎解きを行っている。

 1967年、ウルトラセブンに先行する大人気シリーズ「ウルトラマン」は、怪獣ブームを盛り上げ、42.8%もの視聴率をたたき出していた。しかし、制作時間のやりくりが難しくなったことから9カ月間で放送を終えることになってしまう。それを受けて制作が始まったのがウルトラセブンだった。

 ウルトラセブンは若者による番組だ。

 メイン監督の満田かずほが29歳、メインライターの金城哲夫が28歳、脚本家の市川森一が26歳。美術デザイナーの池谷仙克は26歳、光学撮影の中野稔は27歳。劇中歌の作曲を担当した冬木透は32歳。キャストの側も、モロボシ・ダン役の森次晃嗣は24歳の新人、アンヌ隊員役のひし美ゆり子は20歳の新人だった。子ども向けの番組なのにアンヌ隊員の衣装が体にフィットしすぎていたのは、彼女が急遽決まった代役だったからだ。

モロボシ・ダンとアンヌ隊員、満田かずほ監督(c)円谷プロ